INTERVIEW社員の声平新 義久

 

INTERVIEW

平新 義久写真

若手であっても「発想と知恵」で「チャンス」をものにできる。
橋梁工事の施工管理という仕事には、
そうした魅力や楽しさがたくさん詰まっている

平新 義久

2008年入社

工事部 主任
北海道七飯高等学校 普通科 卒

私のシゴト工事の安全や品質を守る仕事
トンネル工事とはひと味違う橋梁工事

当社にはトンネル工事に携わる社員、橋梁(きょうりょう)といって、橋を架ける工事に携わる社員がいます。私はそのうち、橋梁工事の施工管理を担当しています。少し専門的な話になりますが、橋梁の工事部門では、「橋を架ける工事」一式を担います。「橋を架ける工事」には、実にさまざまな工程があり、とても細かな部分にまで目を配る必要がある仕事です。橋梁工事の施工管理は、そうした細かな部分を含め、工事が図面通りに施工されているか、また、工程通りに進んでいるか。あるいは、職人が適材適所に配置されているか? などといった事柄を管理しながら工事を進めていきます。もちろん工事の安全や、できあがる予定の橋の品質の管理も行います。

写真

シゴトの魅力何も無いところに「大きなもの」をつくる
発想や知恵、工夫を取り入れてチャンスをつかむ

魅力はというと、「何も無いところに大きなものができること」かもしれません。この現場も、今少しずつ橋が姿を現しつつあるところです。橋梁工事は、そうした「つくる過程」を目にしながら、モチベーションに変えていくことができるのです。そして、どんな若手であっても「発想と知恵」で「チャンス」をものにできる仕事であることを知ってほしいと思っています。「橋をつくる」のは、決まった手順や技術、工法が8割。残り2割に「知恵や工夫を取り入れる余地」があるのです。ですから常に、「もっと良いやり方があるのではないか?」と考え続け、いつか「俺の発想が入っている!」と感じる楽しさを、多くの皆さんにも知ってほしいと思うのです。

写真

シゴトの失敗談思っていることは口にしないともったいない
生意気と言われても、それだけは大切に

失敗談というわけではありませんが、私は「すごく生意気だ」と言われ続けて来ました。それは、「思っていることは口にしないともったいない」と考えているためです。先ほど「若手でも発想と知恵でチャンスをものにできる」と言いましたが、この場合も思ったことを言葉にしなければ、誰にも伝わりません。そして「思ったことを言葉にする」というのは、当社での「施工管理」という仕事には欠かせないことでもあります。現場の安全を守り、できあがる橋の品質を高めるためには、施工管理を行う私たちが「言うべきことを伝える必要」があるからです。ですが、難しくはありません。「これだけは守ってもらう」という意志を磨くだけのことですから。

写真

なぜ川元建設へ?屋外で仕事する人はカッコ良い
そして「礼節を正して他人を尊重する」ことを知った

高校時代は、これといった夢もやりたいことも無かったように思います。ですが、「屋外で仕事する人はカッコ良い」という漠然とした憧れのようなものがあり、当社は高校に来ていた求人票で見つけました。そして、入社後は幾度となく壁にぶつかりました。ただ、「ここで逃げ出したら、成果が何も残らない」と考えることで、踏みとどまることができて良かった。その後はさまざまな経験を積み、仕事の面白さを見つける余裕が生まれました。私は、当社の社訓「礼節を正して他人を尊重する」というフレーズを、何よりも大切に生きています。私たちの仕事は、関係各社や職人たちとの「人付き合い」が最も重要。技術力を早く身につけていく際にも必要不可欠だと思います。

写真

休日の過ごし方工事日程によるものの、決まった休日を取りやすい
オン・オフのメリハリをつけやすい仕事環境

急ぎの作業や工事日程が詰まっていない場合は、大体決まった時間に帰宅し、決められた休日を過ごすことが出来ます。しかし、仕事である以上、どうしても「やらなければならないとき」には、休日出勤や残業もあり得ます。また、一つの現場を終われば次の現場へと、現場を移る「転勤」もあります。転勤は楽しいものではありませんが、視点を変えれば、「そこに活躍できる場所がある」と言ってもらえているわけですから、私はポジティブに捉えています。

写真

INTERVIEW一覧に戻る

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ 管理部:新妻・橘
TEL:0138-46-5533
FAX:0138-47-3483