INTERVIEW社員の声鳴海 和也

 

INTERVIEW

鳴海 和也写真

「トンネルって、どうやって掘るのだろう?」から始まり、
巨大機械が動く姿に魅了されて入社を決意。
RX7と軽自動車を所有し、オン・オフともに充実

鳴海 和也

2014年入社

工事部 副主任
函館大学付属柏稜高等学校 普通科 卒

私のシゴト安全に、計画通りに工事を進める施工管理
現場で坑夫さんに学びながら、経験を積んでいます

「トンネルを掘る仕事」ですが、私が「掘る作業」を行うのではなく、工事を進めるための「施工管理」を担当しています。工事の手順や段取りを整えたり、安全に関する情報や指示を伝え、安全に、計画通りに工事を進めるのが施工管理の役割です。現在はトンネル工事の最先端、切羽(きりは)と呼ばれる場所を担当しています。出社するとまず、現場を見に行きます。そして、毎朝行う朝礼でその日行う作業内容を確認し、その後実際に作業を行う坑夫さん」と一緒に現場に入ります。現場では、作業の進みや施工箇所の確認などを行います。経験豊富な坑夫さんが多く、いろいろと教えていただきながら仕事を進められ、とても勉強になります。

写真

シゴトの魅力巨大な機械が動いているところがたまらない
現場でのコミュニケーションとチームワークも魅力

もともと大きな機械に興味を持っていましたので、そうした機械に触れることができたり、動いているところを間近で見られるところに、この仕事への魅力を感じています。また、設計図面などを見ながら「次はこの作業をする」などといった段取りを組み立てて作業現場に臨みます。そこで、段取り通りに作業が終えられると、「うまくいった!」などと感じるものです。これは、仕事の魅力というよりは「やりがい」といえる部分ですね。現場の坑夫さんと聞くと「怖そう」というイメージを持つかもしれませんが、実際には怖くはありません。皆さん、優しい方ばかり。そうした坑夫さんたちとのコミュニケーションとチームワークにも、魅力を感じます。

写真

シゴトの失敗談最悪、作業のやり直しが発生してしまう失敗
けれども、失敗を通じて学んだことは多い

トンネル工事には生コンクリート(生コン)を流し込む作業があります。この作業を「生コン打設」といいます。そこでやってしまった失敗が、今でも強く印象に残っています。生コン打設をする際は、測量などで高さを確認しなければいけないのですが、そこでミスをしてしまいました。最悪、打設したコンクリートを壊し、再度生コンを打設し直す必要があります。そのときは「わぁーっ」と泣きそうになるくらい「やっちゃったな…」という気分に。最悪の事態は迎えずに済みましたが、「どうして確認しなかったんだ」と怒られました。そして、「もう同じ失敗はしないぞ!」と心に誓いました。ですが、小さなミスをしてしまうことも。課題ですね。

写真

なぜ川元建設へ?トンネルって、どうやって掘るのだろう?と興味
待遇の良さが決め手となって入社を決意

高校を卒業したら「就職する」と決めていました。そして、両親が土木関係の仕事に就いていましたので、私も「仕事をするのなら」と考え、土木建築関係の就職先を探していました。川元建設は、高校の先生から勧めていただきました。詳しい情報をホームページで調べているうちに「トンネルを掘る会社」ということがわかり、「トンネルって、どうやって掘るのだろう?」と少しずつ興味を持つようになったのです。施工事例として掲載されていた「青函トンネル」とか、「すごいな!」とボルテージが上がったことを覚えています。そして「給料の良さ」にも強くひかれました。実は、これが決め手かもしれませんね!

写真

休日の過ごし方RX7と軽自動車の二台のクルマを所有
趣味の「釣り」と組み合わせてドライブに

休日は、趣味の「魚釣り」と「クルマ」と共に過ごしています。両方を組み合わせて「ドライブ」と言うべきでしょうか。クルマは、少し古いのですが「RX7(FC3型)」に乗っています。古めのクルマであるせいもあって、先日故障を経験してしまい、結果的に「少し手を加える」ことになりました。多少、カスタマイズもしています。ですが、このRX7はFR(後輪駆動)のクルマですので、冬は乗りません。しかしクルマがないと不便です。そこで、冬用として別にもう1台、軽自動車を買ってしまいました。今の現場の休日は、日曜日が休み。そして月に2回、土曜日が休みになります。月の半分は週休二日ですので、プライベートも充実しています。

写真

INTERVIEW一覧に戻る

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ 管理部:新妻・橘
TEL:0138-46-5533
FAX:0138-47-3483