TEL:0138-46-5533

〒041-0806 北海道函館市美原4丁目5番10号

創業時代

創業者・川元澄次郎は1909 (明治42)年、大分県の佐伯市(当時は東上浦村)で生まれました。1926(大正15)年には、九州の国鉄久大本線の野矢近辺で鉄道工事に従事したといいます。当時は17歳でした。その後、全国各地で鉄道工事に従事し、やがて1932 (昭和7)年には旧満州へ。24歳でしたが、すでに親方としてトンネル工事を指揮していました。戦後、苦労して引き揚げ、炭鉱の坑道掘りに業績を上げます。それが縁で大成建設の協力会社へと歩を進めます。北海道進出は1961年のこと。その後、道内各地で工事を請け負い、1965年に会社設立となりました。

  • 創業者・川元澄次郎
    創業者・川元澄次郎
  • 川端ダム由仁トンネル
    川端ダム由仁トンネル
  • 栗山幹線円山導水路トンネルにて
    栗山幹線円山導水路トンネルにて

青函トンネル工事で活躍

1969年、二代目の川元正明が社長に就任します。1972年には、本社を岩見沢市から現在の函館市に移転し、青函トンネル工事に全力を注ぎました。正明は大成建設の社員とともにヨーロッパ視察などにも参加。強力な人員体制を敷いて、世紀の事業に取り組んだのです。異常出水が繰り返されるなど、まさに命がけの現場でしたが、この事業が当社の飛躍をもたらしました。

  • 二代目社長・川元正明(現相談役)
    二代目社長・川元正明(現相談役)
  • 青函トンネルの貫通
    青函トンネルの貫通
  • 津軽海峡線青函ずい道(吉岡)
    津軽海峡線青函ずい道(吉岡)

橋梁への進出

1981年、橋梁工事に進出しました。トンネルは道内中心でしたが、橋梁部門は全国各地の仕事を受注し、当社の経営基盤の安定と業績の広がりに寄与しています。

  • 揖斐川橋
    揖斐川橋
  • 富士川橋
    富士川橋
  • 矢作橋
    矢作橋

ベトナム人技能実習生を受け入れ

当社では2006年、アラブ首長国連邦(UAE)で大規模な橋梁工事を手伝うことになった経験から、海外の仕事に前もって準備をすることを決め、2011年からベトナム人技能実習生の受け入れを開始しました。

  • ベトナム人技能実習生
  • ベトナム人技能実習生
  • ベトナム人技能実習生

年表

(主な施工実績)

年表の詳細へ